ぱるぽわQ&A (よくあるご質問)


Q ぱるぽわの”たいわ”(グループセラピー)はどのような効果がありますか?

 

A ぱるぽわのたいわでは、同じ悩みをもったものどうしで行うものと、テーマがあらかじめ決

  まっていない状態で行うものとパターンがございます。 グループで対話をすること

  で、多様な視点、価値観を得られることがあります。 

  また同じ悩みを共有することで、安心感や共感を得られるので、ポカポカした氣持ちに

  なり、相手を尊重したりする    

  ココロが生まれ、温かなコミュニケーションがとれるようになります。 

  グループは、一つの小さな社会です。そして守られた空間であるからこそ、メンバーと

  共に自分の内面を語り、人の内面を感じることができるのです。

 

Q おしゃべりとカウンセリングの違いはありますか?

 

 家族や親友・友人・同僚の方たちに相談ごとをすることがあるとおもいます。

  多くの場合、聞き手の視点でのアドバイスや助言など会話のパターンが決まっていたり

  しませんか?「〇〇はいつもこうだから…」「〇〇は昔からそうだもんね」など。

  もちろんアドバイスや助言で、解決策を見つけられたり、勇氣づけられたりする方もい

  らっしゃいます。しかし中には、「理解してくれてない…」「否定された…」などを感

  じる方がいらっしゃるのも事実としてあります。

  カウンセリングでは、いまのあなたの氣持ち、感じていることを大切にしています。

  なので、私たちの価値観を押し付けたり、否定などもしません。なぜならする必要がな

  いからです。あなたなりの答えはあなたの中にあります。私たちはあなたが安心して自

  分と向き合い、少しづつ前に進めるようにとなりで寄り添うことが大事だと思っていま

  す。

 

Q グループ対話の場で上手くお話ができない不安があるのですが...

 

A ぱるぽわのたいわでは、ぱるぽわカウンセラーがファシリテーター(対話促進者)として、グループセラピーに参

  加させて頂きます。対話促進者とは、参加者が安心で円滑にお話ができるように、また話が深まっていく

  ようにサポートする人の事です。ぱるぽわのわでは、絶対話をしなければいけないということではないの

  で、お話ししたいなと感じた時に自由にお話し頂ける場です。

   

 はじめての参加でも上手く輪に入れるか不安です。

 

 ぱるぽわカウンセリングでは、安心安全の場を大切にしております。

  参加される方は年齢もお仕事も様々ですが、共通のテーマで集まっております。

  対話の始まりは、テーマにまつわる内容からスタートしますので、ご安心ください。